私がおすすめする保湿方法は、今まで私が試した中で最もコストパフォーマンスがよかったものです。

もちろん保湿のほうもしっかり出来ていて、肌が潤っている感じがします。

使うものは無印良品の敏感肌用化粧水のしっとりタイプと、100均で売っているシートマスクです。

シートマスクは手持ちの化粧水を含ませて使うものです。

お風呂にそれら2つを持って入り、普通に髪、体、顔を洗います。

洗顔後すぐに化粧水をつけるため、出来れば顔は最後に洗ってください。

そして湯船につかりながら、100均のシートマスクに無印の化粧水を含ませ、顔にあてます。

湯船につかっていることで毛穴が開いて保湿成分が吸収されやすいですし、湯気でマスクが肌にしっかりとフィットします。

5分くらいしたらシートマスクは外すべきです。

化粧水を含ませて使うタイプのシートマスクは乾きやすいので、あまり長い時間つけていると逆に肌が乾燥してしまうのだそうです。

浴室から出たら再び化粧水をパッティングします。

そして美容液、乳液、保湿クリームといつものお手入れを行ってください。

シートパックが終わった後も化粧水を重ねづけすることで保湿力が増します。

また、どんなに潤っていると感じても乳液など油分でフタをすることを抜かすのはNGです。

トリキュラー21の最安値の通販サイトの紹介